「ロータリーエンジン」
rotary-engine


ロータリーエンジンとは、混合気の爆発を回転する三角おむすび型のローターで受け、直接回転運動に変える原理のエンジン。

ピストンの往復運動が無くはじめから回転運動のため、一般的なレシプロエンジンより高出力で振動も少ない。

また、2サイクルエンジンのようにローター自身がバルブの役割をするため、構造がシンプルで軽量・コンパクトと、まさに理想的なエンジンといえる。

実際、制振性は2ローターで直列6気筒エンジンに相当し、たった1,300cc程度の排気量で200馬力以上を発揮。その天井知らずの回転フィールに魅了された人も多い(回転効率が良いゆえにエンジンブレーキが弱いという特徴もある)。

RX−7(FD3S)までは燃費・排ガス・耐久性などに難があったが、03年デビューのRX−8に搭載される新型ロータリー「RENESIS(レネシス)」では大幅に改善されているようである。

ちなみに、ロータリーエンジンと言えばマツダ。同社のシンボルでもあり、世間一般ではマツダが世界で唯一ロータリーエンジンを市販しているといわれるが、実はロシア(旧ソ連)にも存在するらしい。

代表車種 マツダコスモスポーツサバンナRX−7RX−8マツダ787B

関連 10A12A13B20BR26B16Xレシプロエンジン2サイクルエンジンブレーキロータリー係数ディチョーク機能エキセントリックシャフトアペックスシールローターハウジングサイドハウジングサイドポートブリッジポートペリフェラルポートクロスポートペリトロコイドNSUハイドロジェンRE2ローター3ローター

Tweet

//--> Amazonで一番売れてるカー&バイク用品

1.かなもくじ
2.英字もくじ
3.数字もくじ
4.分 類 別

0.自動車用語トップ