「リサーキュレーティングボール」
recirculating ball


リサーキュレーティングボールとは、ステアリング機構の一種。

ステアリング・ホイール(ハンドル)の回転を、シャフトの先端にあるウォームギヤ(らせん状ギヤ)とナット(雌ネジ)、その間を循環する多数の鋼球(ボール)によって動かし、セクターギヤ(扇形ギヤ)を介してピットマンアームを動かすことで舵を切る機構。

構造が少々複雑だが、ハンドルが軽く操舵感が一定というメリットがあり、かつては多くの車種で採用されていた。

しかし、機構が複雑でハンドリングにダイレクト感が薄く、パワーステアリングの普及した現代では採用例は少なくなっており、長らく採用していたメルセデスベンツも含め、現在ではラックアンドピニオン式が主流となっている。

同義語 ボールナット式ステアリング、ボールスクリュー式、ボール循環式

関連 舵(かじ)取り装置ピットマンアームアイドラーアームリレーロッドタイロッドドラッグリンクラックアンドピニオンパワーステアリングメルセデスベンツ

Tweet

//--> Amazonで一番売れてるカー&バイク用品

1.かなもくじ
2.英字もくじ
3.数字もくじ
4.分 類 別

0.自動車用語トップ