「プリウス」
PRIUS


プリウスとは、「〜に先駆けて」という意味のラテン語で、国民的エコカーの代名詞ともいえるトヨタのハイブリッドカー

初代モデルは5ナンバーサイズのコンバクトな4ドアセダンとして1997年に世界に先駆けて発売。

最大のトピックであるハイブリッドシステム(THS)は、燃費や環境性能に特化した1.5リッターガソリンエンジン(アトキンソンサイクル)と、電気モーターを組み合わせたもので、状況に応じてエンジンとモーターを使い分け、パワーが求められるときには両方の力を用いるパラレル方式を採用。それぞれの長所を活かして驚異的な燃費や環境性能と必要十分な出力性能を実現した。

2003年には2代目にモデルチェンジ。可変電圧システムや強化されたモーター、バッテリーなどにより(THS−II)、さらなる低燃費と力強い走りを実現。10・15モード燃費は当時世界最高の35.5km/lを実現。

ボディも初代の4ドアセダンから空力的に優れた5ドアハッチバックに変更。サイズも3ナンバー化され後席の居住性を中心にクルマとしての実用性も高められ大ヒットを記録した。

2009年には3代目にモデルチェンジ。ボディタイプや基本メカニズムは2代目を継承しつつ、エンジンは1.8リッター化するとともにモーターも強化され更にパワーと燃費を向上。10・15モード燃費は38.8km/に至り、同時期に発売されたホンダ・インサイトに対抗した低価格戦略も追い風となって3代目もスマッシュヒットを記録。国民的ハイブリッドカーの地位を確かなものとした。

また、このモデルよりPHV(プラグインハイブリッド)が追加されたほか、7人乗り低全高ミニバンのプリウスαもラインナップされた。

2017年には5代目にフルモデルチェンジ。TNGA採用の新世代プラットフォーム第1号として注目されたが、奇抜すぎるデザインが災いしてか、人気にブレーキがかかった。

関連 ハイブリッドカー燃費10・15モードセダンハッチバックハイブリッドシナジードライブミラーサイクル(アトキンソンサイクル)インテリジェントパーキングアシストPHV(プラグインハイブリッド)TNGAプリウスミサイル(プリウスロケット)

Tweet

1.かなもくじ
2.英字もくじ
3.数字もくじ
4.分 類 別

0.自動車用語トップ