「ノッキング」
knocking


ノッキングとは、エンジンの燃焼室内で発生する異常燃焼、およびそのときに発生するカリカリといった打音。

異常燃焼(デトネーション)や過早点火(プレイグニッション)といった症状があり、ガソリンエンジンの場合、エンジン負荷の高すぎのほか、点火時期の早すぎや、圧縮比の高すぎ、ブーストの高すぎ(ターボ車)、燃料のアンチノック性(ガソリンのオクタン価)、混合気の燃料の薄すぎなど色々な原因で発生する。

特にターボ車は、ノッキングが発生するとエンジンを壊してしまう恐れが高いため、ハイオクガソリン専用であったり、ノックセンサーを装着したりしてこれを防いでいる。

古い車の場合、燃焼室にカーボンが堆積して圧縮比が高くなりすぎているために発生することが多い。

ディーゼルエンジンについてはディーゼルノックを参照して下さい。

関連 燃焼室デトネーションプレイグニッション圧縮比オクタン価セタン価アンチノック性カーボンターボ点火時期ハイオクブーストアンチノック性棚落ちノックリタードヒートスポットノックセンサー

Tweet

//--> Amazonで一番売れてるカー&バイク用品

1.かなもくじ
2.英字もくじ
3.数字もくじ
4.分 類 別

0.自動車用語トップ